So-net無料ブログ作成
検索選択

黒田博樹オープン戦でパーフェクトピッチング!! [野球]

無題黒々2.jpg

今年、メジャーで年棒20億円を蹴って4億円で古巣・広島カープに復帰した

黒田博樹投手です。

いよいよ3月8日にオープン戦で実戦登板しましたね。

その結果は何と39球で5回3分の1をパーフェクトピッチングでしたよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結果からみれば「圧巻のピッチングでした。」と言って良いですが、

実際の映像を見ると、ヤクルトの打者陣がまだまだ仕上がっていない感じは

否めませんでしたね。

特にボールを見極めるのではなく、ストライクゾーンに来たボールをどんどん振っていっている

感じはしました。




スポンサーリンク











黒田投手の方も逆球や高めの甘いところへの「失投」などが見てとれたので、

シーズンに入れば、今日のような内容では「今ひとつ」ということになるでしょう。

その中でも打者の手元で曲がるツーシームの威力は抜群でしたね。

「初めて見る軌道だった」とヤクルトの打者が揃って言っていたように、テレビ画面では

なかなか分からないボールなんですが、今年のシーズンは注目のボールです。

あのボールを意図して左打者のインコースとアウトコースに投げ分けられるというのが

私には信じられませんよね。

無題黒々3.jpg

基本的には曲がるか曲がらないか投げてみないとわからないボールなはずなのに

それをコントロールしているとなると各打者の理解を超えた「魔球」になりますよ。

サッカーで言うところの「無回転ボール」を自分の意思で動かしているという事ですから、

どういう事だかわかってもらえると思います。

その球だけでもやっかいなのにそれに加えて田中将大投手の決め球・スプリットがあり、

縦と横の2種類のスライダーがありでやっときた真っすぐは150キロ近いボールなので

いった「どの球を打てば良いのか?」と打者泣かせのピッチングをする方です。



スポンサーリンク












本当に黒田投手の「失投」を逃さないで打つ事くらいしかできないんじゃないかと思います。

まあ、黒田投手も人間ですから、「失投」を多くする年齢にはなってきてしまっているので

打者も諦めずに食らいついてほしいですね。

今日は何とか広島は勝ちましたが、黒田投手が投げている間に点を取らなければ

黒田投手に勝ち星をプレゼント出来ないのでやはりネックは打線ですよね。

無題黒々.jpg

1球でも多く黒田投手の投げる姿が見たいというファンが多いと思うので、

早く点を取って、早く黒田投手を休ませてあげて、若手たちに良い手本となるピッチングが

広島の伝統として残れば、今後、長く巨人と優勝争いをできるチームになるんじゃないですかね。






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。