So-net無料ブログ作成
検索選択

栗田貫一の性格は亭主関白でモラハラ!?「離婚」の話題には逆ギレって… [芸能]

無題クリカン.jpg

昭和のものまねブームを牽引してきた四天王の一人と言えばこの人、栗田貫一さんですよ。

物まねから始めた「ルパン三世」があまりに似ているのでルパンの声優を務めていた

山田康雄さんが1995年に亡くなった後から本物のルパンの声優を務めていますよね。

そんな「ものまね」をやっている時は人を笑わせている栗田さんですが、どうやら

家では、最近、「離婚」で揉めているあの24歳年の差芸能人夫婦と同じような

亭主関白とモラハラ問題を抱えているんだとか…。




スポンサーリンク











ー栗田貫一profileー

本名:栗原 良之

生年月日:1958年3月3日

出身地:東京都

血液型:B型

身長:170センチ

体重:53キロ

最終学歴:郁文館高等学校

職業:声優、ものまねタレント

活動期間:1984年~

所属事務所:オフィス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
無題クリカン2.jpg

9日に放送されたTBSのバラエティ番組「私の何がイケないの?」に栗田さん夫婦が

出演され、その時の内容が物議を呼んでいるとの事。

ドライブをしていれば妻の大沢さやかさんに対して怒号が車内に響き渡り、

買い物に付き合えば5分と持たずに「早く買えよ」とイライラをぶつける始末。

この状況をあまり信じたくはないですが、これらが本当なら、よくテレビに出ましたよね。

TBS系特有の演出かと思われましたが「離婚」を切り出す妻には

「上等だよ」と逆ギレして、さらに「一人にしてくれ」とまで言っていましたよね。

これらの中で私が一番驚いたのはカラオケでものまねの練習をしている栗田さんに、

奥さまはかまってもらいたいのか冗談を言ったらまさかの「殺していい?」と発言。

公共の電波に乗せて殺害予告がなされましたが、これって罪にはならないのでしょうか?




スポンサーリンク











まあ、それは別にしてもこの件で栗田さんの人気がガタ落ちになることは間違いないし、

「ルパン」への影響も考えなくてはなりませんよね。

前・声優の山田康雄さんがこの姿を見たらどう思われるのか?と考えた事はないんですかね。

姿かたちは見えなくて、声だけで「ルパン」は勝負されている分、「ルパン」がそういう

人間に思えてきてしまいますよね。

もう、栗田さんの「ものまね」の需要はテレビではほとんどありませんでしたが、こういった形で

テレビに出演される事を選んだ時点でそういう人間だったんでしょうね。

私は、「ものまね四天王」の中でもコロッケさんのファンで栗田さんのものまねはあまり好きでは

なかったのですが無意識の内に、こういう嫌なオーラを感じていたのかもしれないですね。

自分が何もかも正しいかのように「お前はダメだ」と言っていましたが、「何が」「どう」

ダメなのかさっぱり分かりませんね。

無題クリカン3.jpg

そして、最終的に「彼女以上の人はいない」と愛を語ったとありますが、

それもそうでしょう、奥さま以上に自分の思い通りに動かせる人間はいませんからね。

それは本当に「愛」なのでしょうか?

ただ単に「甘え」ているだけではないですか?

まあ、奥さまは奥さまでその言葉を聞いて喜んでいるようでしたから、こういう人間を

引き寄せる「何か」を自分の生い立ちの中で何か経験をされているんでしょうね。

最後に思う事は、これらはルパンが「何か」を盗むための大掛かりな「仕掛け」だと

良いなということですね。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。